申請の重要性

一昔前まではラジコン飛行機やヘリコプターなど自由に飛ばせていました。

が、改正航空法が2015年12月10日から施行されました。

法改正により対象となる「無人航空機」とは「飛行機、回転翼航空機(要はヘリコプター)、滑空機、飛行船であって構造上、人が乗ることが出来ないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることが出来るもの。

(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く。)

となっています。

この改正航空法にはラジコン飛行機、ヘリコプター、ドローン(マルチコプター)、農薬散布等ヘリコプターが該当します。

申請していなくても飛ばせはしますが、DID地区や申請が必要な飛行を、申請なしで落としてしまうと罰則があります。

飛行する際は、申請が必要な場所か否かしっかりと確認しましょう。

2016年09月19日